しみ・肝斑・そばかす

  • HOME>
  • しみ・肝斑・そばかす

Spotsこんなことでお悩みではありませんか?

  • 顔のしみが目立つ
  • しみが原因で老けて見える
  • 最近、しみが濃くなってきた
  • ニキビ跡が茶色いしみになった
  • 肝斑を消したい
  • 肝斑が目立ってきた
  • そばかすを何とかしたい
  • 両頬の一部が茶色くなってきた
  • コスメやエステではしみが解消できなかった
  • 他院の治療・施術では満足のいく結果が得られなかった

など

このようなことでお悩みでしたら、お気軽に明石市のベレッサ明石美容クリニックへご相談ください。

Spotsしみとは?

しみの原因

しみの原因

しみとは、メラニン色素が沈着した状態のことで、メラニン色素は紫外線をたくさん浴びることで発生します。
通常、お肌のメラニン色素は皮膚のターンオーバーにより剥がれ落ちますが、様々な要因によりターンオーバーが正常に働かなくなると、メラニン色素が排除されなくなり色素沈着が起こります。

しみと一口に言っても種類は様々で、発生する原因も多岐にわたります。
ご自身でしみの種類・原因を正しく判断することは難しく、インターネットで入手した誤った情報に振り回され、かえってしみを濃くしてしまうこともあります。

明石市のベレッサ明石美容クリニックでは、長年しみ治療を行ってきたドクターがしみの種類・原因をしっかりと見極め、豊富にご用意している治療内容の中から、その方に最適なものをご提案させていただきます。

しみの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

“日光黒子”“日光性色素班”とも呼ばれ、最も一般的なしみです。
紫外線の影響や、お肌の老化などが原因で発生すると考えられています。
普段から日焼けをしている方ほど発生しやすいとされていて、お顔、手の甲、背中などに円形で茶褐色のしみができます。

肝斑(かんぱん)

30~40代の女性に多くみられ、主に両頬骨や目の下あたりに左右対称に現れます。
放っておくと濃いしみとなって残ることがあります。

そばかす(雀卵斑)

幼少期の頃から両頬や目の下に鼻を中心に小さな斑点が左右対称に現れる先天性の色素班です。
日差しの強い季節に悪化し、冬場には目立たなくなります。
思春期を過ぎると目立たなくなりますが、紫外線を浴び過ぎると濃くなります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

“両側性太田母斑様色素斑”とも呼ばれ、思春期ごろから両頬骨を中心に現れる小さな茶褐色の色素班です。
肝斑と合併して現れることが多いため、適切な判断が難しいしみです。

炎症後色素沈着

ニキビ跡、かぶれ、怪我、火傷など、皮膚で炎症が起こった後にできるしみです。
一時的なしみなので放っておいても治りますが、それまでに長い場合、3~4年かかることがあります。
紫外線を浴びると濃くなるので注意が必要です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

“老人性いぼ”とも呼ばれる良性の腫瘍です。
最初は平たいしみのように見えますが、徐々に盛り上がってきて濃い色のしみになります。
お顔、頭部、胴体など、全身のどの部位にもできます。

Spotsしみに効果的な治療・施術は?

IPL(光治療)

IPL(光治療)

IPL(Intense Pulse Light)という特殊な波長の光を使用し、光によって発生した熱がお肌を刺激し、メラニン色素の排出を促進します。
レーザーでは除去するのが難しい薄いしみにも効果的で、お肌のきめやハリを整える効果も期待できます。
治療・施術後のダウンタイムが短く、すぐにメイクしていただけます。
当クリニックでは光治療として“BBL(ブロードバンドライト)”を採用しています。

(※IPLについて詳しくはこちら)

QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザー

通常のしみ取りに加えて、従来はレーザーによる治療が禁忌とされていた肝斑や炎症性色素沈着にも効果を発揮します。
レーザーはメラニン色素にしか反応しないので、まわりのお肌にダメージを与える心配はありません。
薄いしみでお悩みの方や、1回の治療で効果を得たい方などにおすすめです。
当クリニックでは従来機よりも高性能な“レブライトSⅠ”を導入しています。

(※QスイッチYAGレーザーについて詳しくはこちら)

Medical Hair Removal

医療脱毛専門サイト

Aging Skin

しみ・しわ・たるみ専門サイト

Beautiful Skin ・ Whitening

美肌・美白専門サイト

078-940-9931

初診予約

再診予約

お問合わせ